人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

テルマエ・ロマエ

d0087054_18182364.jpg

 5月10日のことである。映画、テルマエ・ロマエを観に出かけた。さてその間、ドンをどうするかとずいぶん思案した。普段の買い物にも車にのせて連れて出るから、ひとり家に残すのには、人犬ともに抵抗がある。だが映画はどうしても見たい。この際は思い切ってドンに留守居をさせようと決める。だまって玄関で靴をはいていると、自分も一緒に出かけられるとうたがわないドンが、うれしそうな顔で尾をふって、Opaのズボンに取りすがる。それを押しとどめ、ドアから出ようとするとあわてて追いすがり、ヒュウヒュウとあわれな声で泣く。それを心を鬼にしてドアの内に押しとどめ施錠。あわてたドンはとなりの部屋のガラス窓にかけより、合点がいかぬという顔でOpaを目で追う。幼子をマンションに残し遊興にふけった、若い母親の悲劇をふと思う。それでも映画はみたい。見たらすぐに帰ろう。たかが3時間ほどの留守である。映画は、ハドリアヌス帝治世の古代ローマ人が、タイムスリップして現代日本に迷いこむ。ローマの浴場技術者である彼が、さまざまな日本の風呂を知って感動し、その体験をローマに持ちかえる。その間に日本人の若い女性や、田舎の湯治場にたむろするじいさんたちまでがローマにタイムスリップして、彼の地の温泉でローマ兵の保養施設建設に一役かったりと、奇想天外でおもしろかった。人々はふたたびタイムスリップして無事現代日本に帰り映画はおわる。観客も日常にタイムスリップ、さあ帰ろう、Opaは同じ館内のペットショップに立ちより、ドンへのみやげにうまそうなジャーキーを一袋買って、駐車場へと急いだのであった。
by mizzo301 | 2012-05-31 18:20 | エッセイ | Comments(1)

いぬにも衣装

d0087054_17433022.jpg

 夏にそなえて、ドンの毛を思い切りみじかく切ってもらった。予想に反してうすら寒い日がつづく。なにか着せてやりたいが、犬の衣装は高い。イオンのこども服売り場で、幼児用80センチのランニングシャツが三枚組で580円、人の衣料の方がはるかに安いのだ。それを買って家でさっそく試着、問題発見。一見よく似合ってかわいいが、オチンチンがシャツのすそにすっぽりかくれてしまう。これじゃ散歩でオシッコをすれば、シャツはびしょぬれのオムツになってしまう。そこで改造を試みることにした。押し入れから小さな針箱を取り出す。裁縫の心得はないが、なんとかなるやろ。シャツの胸側で、すそを矩形に切り取り、切り口を内側に折り曲げて縫おうというのだ。なかなか針に糸が通らない。糸通しがあるのだが、その先端をまず針に通せない。それでもなんとか糸の通った針を持って縫うこと1時間、まがりなりにシャツ三枚のリフォームが仕上がった。試着させてみると、首周りが実にゆったりとして犬用のあっぱっぱ、夏風である。そりゃ幼児といえども、人の首はプードル犬よりは太いはなあ。肝心のオチンチンはしっかりと露出している。これで安心だ。変態じゃないよ。
by mizzo301 | 2012-05-21 17:47 | エッセイ | Comments(0)

花のリンク

d0087054_2245717.jpg

 寒中に咲くつばきに始まり、春から初夏にかけて、ボケ、ユキヤナギ、ユスラウメ、小手毬、山吹、モッコウバラ、つつじ、卯木、あじさいと、とぎれなくつづく開花のリンクが毎年の楽しみである。今年はそこへ初めて大手鞠の花が加わった。日記を検索してみると、2008年6月に買った苗木である。小手毬と対に咲くのをみたいといってほしがっていたつれあいが、通りすがりの園芸店の店先にあるのを、車中から目ざとく見つけて買ったのだった。低木ながらしっかりとした苗木だったから、翌年にも花が咲くものと思っていたが、開花まで4年も待たされたことになる。あんまり待たせたから、あんたの花を一番待っていた人はもうおりまへん。
by mizzo301 | 2012-05-05 22:10 | エッセイ | Comments(0)