人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハローワークの風景

d0087054_19165753.jpg

 麻生首相がハローワークを訪れるのをTVで見た。総理大臣がいやになったので、他の仕事をさがしに行ったのかと思ったらちがった。不況下の世情視察だという。居合わせた求職者に声をかける。「ようっ、まずなんだな、自分のやりたいことを決めるのが先だな、んぐっ?」だって!内閣総理大臣の身にあまるありがたいお言葉に、ハハーッ、目前の求職者は平身低頭。あまりといえばあんまりな麻生首相のトンチンカン、あほらしやの鐘が鳴りますキンコンカン。自分で決めた職に就けるくらいなら、だれもそんな所へ行きまっかいな。もっと漫画をぎょうさん読んで勉強して、しっかりせなあかんでえ麻生君。気の毒なのはくだんの求職者氏である。不況で離職を余儀なくされ、傷心をかかえて訪れたハローワークで、あまつさえ思いがけぬトンチンカン首相のお言葉である。相手は雲上人と取り巻きに大勢のメディアである。うかつに反駁もできず、そんな日にハローワークを訪れたことをさぞかし悔いたことだろう。内心の怒りと鬱屈は察するにあまりある。なんとかよい職を得られ、明るい新年を迎えられんことをお祈り申し上げます。
by mizzo301 | 2008-12-24 15:48 | エッセイ | Comments(0)

活躍する靴たち

d0087054_1644763.jpg

 起き抜けのTVニュースを見てびっくりした。イラクで記者会見の壇上にいるブッシュ大統領めがけて、二度も罵声と靴が飛んでいく。おどろいたのは罵声と飛ぶ靴にではない。それをかわす大統領の素早い身のこなしにである。それを見て、ホワイトハウスにもWiiはあるとOpaはにらんだ。フィットネスソフトのFitに、サッカーボールをヘディングではねかえし、時おりボールに混じって飛んでくるスパイクをよけるゲームがある。それがなかなかむつかしい。Opaなど何度やってもスパイクの直撃を受け、実物なら顔ぢゆう血まみれである。Wiiでかなり鍛えなければ、ブッシュ氏のあのかろやかな身のこなしはなかったであろう。顔面出血の惨事をまぬがれた幸運を、大統領は任天堂に感謝しなければならない。その後、彼は飛んできた靴のサイズを述べてゲームを終了、楽しそうに記者会見を終えている。さすが大国アメリカの大統領だなあと思った。
 さすがといえば1960年、国連総会で両方の靴をぬぎ、それで机をたたいて他国代表の演説を妨害した当時のフルシチョフ・ソ連共産党書記長も大物であった。さらに靴関係でいうなら、酒に酔ってタクシー運転手の頭を靴でこづいたNHKのアナウンサーH氏も、その時歴史がなんちゃら番組で今も活躍中である。だがこちらを大物と認定するかどうかは、大いに迷ってしまう。このOpaも酒の上の行状では、おのれの破廉恥な過去の数々を思い出してしまうからである。くっくっくっ・・・
by mizzo301 | 2008-12-16 16:05 | エッセイ | Comments(0)

ジュラシック・スクール

d0087054_14485670.jpg

 今年もはや年の暮れである。「十二月は先生がいそがしいて走り回るさかいに、師走や」と、六十年前の小学校で担任の先生に教わった。確かにいそがしい学期末ではある。最近は理不尽なモンスターママたちへの対応が、先生方をさらにいそがしくしていると聞く。友人Mさんは、大阪の名門女子進学校を四十年勤め上げた、温厚篤実の人である。彼が現役時代の経験を語ってくれた。ある納付金を数ヶ月未納の家庭に、事情をたずねてみようと電話をかけたそうだ。電話口に出た父親は、「我が家が滞納などするはずがない、人を馬鹿にするのもいい加減にせい」と、未納は学校の手違いと決めつけて頭ごなしに口汚くM先生をののしり、たかが中学高校教師の分際を知れといわんばかりの剣幕であったという。それにはさすがにMさんも頭にきたが、ぐっと心を静め「お手数ですが、もう一度領収書の日付をご確認いただけますか」というと,相手はぷっつりと無言になり突然母親にかわった。領収書は前年度のものだったのだ。だがその母親からも一言の謝罪もなかったというのである。その父親は大阪大学の教授であるという。さすがに立派である。見上げたものである。だがお登りの木を見上げてばかりでは、われら凡庸の首が疲れる。これら♂♀モンスターの攻撃にさらされている、全国のジュラシック学園の先生方には、まことにそのご苦労がしのばれる。
by mizzo301 | 2008-12-06 15:11 | エッセイ | Comments(0)