人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2012年 05月 31日 ( 1 )

テルマエ・ロマエ

d0087054_18182364.jpg

 5月10日のことである。映画、テルマエ・ロマエを観に出かけた。さてその間、ドンをどうするかとずいぶん思案した。普段の買い物にも車にのせて連れて出るから、ひとり家に残すのには、人犬ともに抵抗がある。だが映画はどうしても見たい。この際は思い切ってドンに留守居をさせようと決める。だまって玄関で靴をはいていると、自分も一緒に出かけられるとうたがわないドンが、うれしそうな顔で尾をふって、Opaのズボンに取りすがる。それを押しとどめ、ドアから出ようとするとあわてて追いすがり、ヒュウヒュウとあわれな声で泣く。それを心を鬼にしてドアの内に押しとどめ施錠。あわてたドンはとなりの部屋のガラス窓にかけより、合点がいかぬという顔でOpaを目で追う。幼子をマンションに残し遊興にふけった、若い母親の悲劇をふと思う。それでも映画はみたい。見たらすぐに帰ろう。たかが3時間ほどの留守である。映画は、ハドリアヌス帝治世の古代ローマ人が、タイムスリップして現代日本に迷いこむ。ローマの浴場技術者である彼が、さまざまな日本の風呂を知って感動し、その体験をローマに持ちかえる。その間に日本人の若い女性や、田舎の湯治場にたむろするじいさんたちまでがローマにタイムスリップして、彼の地の温泉でローマ兵の保養施設建設に一役かったりと、奇想天外でおもしろかった。人々はふたたびタイムスリップして無事現代日本に帰り映画はおわる。観客も日常にタイムスリップ、さあ帰ろう、Opaは同じ館内のペットショップに立ちより、ドンへのみやげにうまそうなジャーキーを一袋買って、駐車場へと急いだのであった。
by mizzo301 | 2012-05-31 18:20 | エッセイ | Comments(1)