Opaの日々雑感


by mizzo301
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

やられたあーっ!

d0087054_12455462.jpg

 朝寝は気持ちがいい。こう寒くなってくるとなおさらである。年寄りは眠れないなんて誰のことかと思うほど、Opaは朝寝坊が好きである。時には朝寝と昼寝が合体することもある。用のない老人が早起きをして、勝手にうろうろするのは目障りであろうし、それだけで世間の迷惑であろうとOpaは考える。ゆえにあえて早起きはしない、のではなくて出来ないのである。いつまでも布団にくるまってまどろんでいたいのである。それでもようやく起きてすることといえば、仏壇のほこりを上目づかいに見ながら灯明と線香をあげてちーん、なんまんだぶ。次に百尾が一年でついに四尾になった金魚の点呼と餌やり、日課はこれでおわる。後は気の向くまま一日中遊び暮らせばよいのである。楽しい。こんな事なら、中学生で老後を迎えたかった。実はこの遊び相手選びを毎朝、朝寝の布団で夢うつつに思いめぐらしているのである。釣り、パソコン、庭いじり、バイオリン、テレビゲーム、酒、料理、人間、エトセトラ、どうもつき合いが広すぎる。みんなとつき合うには、学校のように時間を限ればよいが、遊びにそんな窮屈はしたくない。さてどうする、うつらうつら。そこへ階段を駆け上がる犬の足音、あっという間にベッドに飛び乗りホップステップジャンプ、顔中をなめ回される。それに耐えてぐずぐずしていると、布団に小便、床にウンチのダブルパンチ。こうして今朝一番の遊び相手は、必然的に愛犬ドンで決まりであった。
[PR]
by mizzo301 | 2008-11-28 12:46 | エッセイ | Comments(0)