Opaの日々雑感


by mizzo301
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

うらめしや液晶テレビの大画面

d0087054_1842730.jpg

 今のテレビを買ったのは三年前の夏である。大きなテレビに憧れてネットショップを渉猟、大枚をはたいた。やって来たのは32インチ、感動の大画面であった。ところがそれはつかの間の夢、その後瞬く間に液晶テレビは益々大画面となり、映画館のスクリーン並のが家電量販店にひしめく。しかも価格は下がり続け、今なら三年前の金額で52インチの大画面が買えるのである。かつての大画面32インチは小型テレビコーナーに追いやられ、肩をすぼめて座っている。Opaの物欲がうずく。心中は穏やかでないが、如何せん年金生活者の身である。買い換えなどおいそれと出来るわけがない。それにそんな大きなテレビ、Opaの茅屋に置き場がないじゃないか、などと自分に言い含めるが、どうも納得がいかない。年をとってあらゆる身体能力、思考力が低下している中、物欲だけがいつまでも衰えない。難儀な年寄りである。そこで苦肉の策、大きな画面のテレビを見たくなったらコンビニでおやつにのど飴を一つ買い、最寄りの家電量販店に行こう。なるだけ大きな店がいい。そこにはマッサージ椅子が並べられ、快適にテレビが見れる。問題は二つ、好きな番組を選べないことと、声にこそ出さないが、明らかに迷惑顔の店員が執拗に周囲を徘徊、出て行け圧力をかけるのではないかという心配。近くにめぼしい量販店があるにはあるが、持ち前の気の弱さから未だ実行にいたらない。根本的解決の道は、物欲退散祈願しかないのか。それでも欲しい物は欲しい、難儀である。
[PR]
by mizzo301 | 2007-11-14 18:44 | エッセイ | Comments(0)