人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ヒヨドリ孵る

d0087054_15193589.jpg

 庭先でヒヨドリが孵化したと、妹からラインで写真が送られてきた。玄関脇のアオギリの木にいつのまにか巣がかけられて、抱卵しているらしいヒヨドリが一羽いたそうな。七月末の台風では、一夜はげしい暴風雨が吹き荒れて、ヒヨドリの巣が枝ごと吹きとばされてしまわないかと心配で眠れなかったそうだ。嵐が去った早朝、名残の雨の中を出てみると、なんと奇跡的に巣は無事で、中に親鳥の姿が見えて、妹はいたく感動したという。ほどなくひな鳥たちの声が樹上から聞こえるようになり、親鳥が子供たちの食事を調達に飛び立っては小さな木の実などをくわえて帰るようになる。だがひな鳥は蛇の好餌である。それを思うと気が気でない妹は、巣の下の幹にバーベキューの焼き網でこしらえた忍び返しを取り付けたという。それがどんな物か、はたして蛇に効果はあるのか知りたいがその写真はない。樹上からひなたちの声はするが、姿は見えない。何とか子供たちを見たいと思った彼女が、剪定用の脚立に上り、スマホの右手をいっぱい伸ばしてとった写真がある。はたしてそこには大口を開けて餌をねだる、元気な三羽のひな鳥の姿があった。後は彼らの巣立ちを見守りたいのだろうけど、脚立に上るのはやめてほしい。ご高齢の無邪気な妹を思うとOpaは心配になる。

by mizzo301 | 2018-08-04 15:24 | エッセイ | Comments(0)