Opaの日々雑感


by mizzo301
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スタンディジと仲間たち

d0087054_13122752.jpg

 春寒の一夜、中之島公会堂で音楽を聴いた。「スタンディジと仲間たち」によるバロックコンサートである。娘たち主宰の会なのでお客の入りが気になったが、遅くに入ったOpaの席がないほどに中ホールが満員である。まずは一安心。休憩をはさんでバロック6曲、10名の奏者による立奏である。これは音響的な効果と、ステージが平戸間であるゆえの客席への気配りでもあろうか。バロックヴァイオリンの巨匠、スタンディジさんはすでにOpaとかわらぬお歳である。えらいしんどい思いをさせてすまんことです。さすがにバロックのプロたちである。最初のヴィヴァルディからすでに聴衆のハートをとらえている。そして休憩後の一曲目、バッハである。ソロ・スタンディジの名演が突出するでもなく、ほどよいバランスでバッハの対位法がたゆたいゆらめく。古風なたたずまいとあいまって、その場はたちまち壮麗な楽堂と化した。Opaの心もふるえた。おおバッハよ、偉大なるアデランスの巨匠よ永遠なれ。
[PR]
by mizzo301 | 2016-03-28 13:15 | エッセイ | Comments(0)