人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ススキがおいでおいでをしています

d0087054_1462576.jpg

 海岸のハーブ園に、植えられたススキの群落がある。背丈が2メートル以上あって見るからにたくましく、この夏の猛暑のなかでも昂然として立ちつくしていた。秋の気配を少しは感じる今、穂先や茎は白くはなったが、それでもまっすぐに突っ立っている姿にかわりはない。本来のススキらしく、穂先が秋風にそよいだりしないのだ。かたわらの小さな立て札には、タカノハススキとある。毎朝その株のそばをドンと歩きながら、ススキがおいでおいでをしています、とつぶやいてしまう。小学校何年生の国語教科書だったろうか、習った一節である。タカノハススキにはいやみに聞こえるのか、さらに憤然と立っているように見える。町内の空き地では、見なれたススキたちが風にゆらいでいる。母手づくりのだんごとススキを供えたお月見、夢のような昔を思い出す。今年、中秋の名月は九月二十二日、晴れだといいな・・
Commented by yuko at 2010-09-22 13:20 x
夢のような昔・・・


Opaさんのことばが胸にしみます。


by mizzo301 | 2010-09-20 14:07 | エッセイ | Comments(1)